バランスよく食べよう

どんな人にとってもですが、ヨガインストラクターならなおさら食事をとることについて大切に考えてほしいなと思います。
人は食べたものでできています。
これは間違いない事実です。
食事の内容によって
・肌質が変わります
・髪質が変わります
・爪の質も変わります
・体形が変わります
・体臭が変わります
・睡眠が変わります
・やる気が変わります
・気分が変わります
・性格が変わります
・欲求が変わります
・体温が変わります
・お通じが変わります

バランスよく食事をすると、甘いものを食べたい気持ちや、たくさん食べたい気持ちが自然と落ち着きます。
お通じが良く、よく眠ることができて、気持ちよく目覚めてやる気に満ちた状態になります。
食事を摂ると、内側からエネルギーが湧くようにポカポカしてきます。
無理にダイエットしようと我慢しなくても、すっきりとした体形になりリバウンドもしなくなります。

【バランスのいい食事とは?】
様々な健康法、食事法がありますが、まずは基本中の基本である5代栄養素を摂る食事をしましょう。
この基本ができていないにも関わらず、菜食にしたりマクロビをしたり糖質制限したりしない方がいいと思います。

5代栄養素とは炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルのことです。
炭水化物はごはんや麺、パン、イモ類、砂糖などに含まれエネルギー源となります。少なくなると脳や神経の働きに支障をきたし、多く摂りすぎると体内に脂肪として蓄えられます。
タンパク質は肉・魚・大豆・大豆製品・卵・チーズなどに含まれ、筋肉や臓器、肌、血液など体をつくる材料になります。不足すると発育不足や筋力の低下、免疫力の低下などが起こります。
脂質はバター・オリーブオイルなどに含まれ、効率のいいエネルギー源です。多く摂りすぎると生活習慣病を招きやすくなったり、肥満を招きます。不足すると油溶性ビタミンの吸収が妨げられたリ、皮膚がかさついたりします。
ビタミンは肉類・魚類・野菜・果物に含まれ、その他の栄養素が体内にスムーズに吸収されるようサポートして体の調子を整えます。
ミネラルは、野菜・果物・海藻などに含まれ、骨や歯を作る、体液の調整、神経や筋肉の機能維持、ホルモンの成分になるなど、身体機能の維持や調整に欠かせない栄養素です。

これらのうちどれが多すぎても少なすぎても、体は円滑にエネルギーを生み出したり活用したりすることができにくくなります。
具体的にどんな食事を心がけるといいか?ですが、まずは「一汁三菜」を意識してみるといいです。
338fdad0891f9d536343da3ef4dd1266.jpg
ごはん
汁物(野菜や海藻、きのこ類などを入れるといい)
おかず3品(魚、おひたし、煮物など)
こんな感じでしょうか。
量は腹7~8分目で。
よく噛んで食べます。
よく噛むことで唾液が分泌され、消化吸収がよくなります。
唾液は自前の美溶液ともいわれるほど大切な分泌物です。

3つもおかずを作るのは大変!と感じるかもしれませんが、切り身の魚なら焼くだけですし、煮物は作り置きしておいたものでもOK。
おひたしや和え物は慣れれば1分もあればできます。

こんな食事をしばらく続けてみて、体調や心の状態にどんな変化があるかを実感すると、いかに食事が大切かということが分かると思います。
そして食事を整えることは、生活習慣自体を整えることにもつながるはずです。

食べ物が体を作り、生活習慣がよりヨガインストラクターらしいマインドや体形、健康を築いていくはずです。

・痩せたい
・食欲を抑えたい
・お菓子屋甘いものを控えたいのにできない
・便秘を直したい
・肌をきれいにしたい
・イライラや不安をどうにかしたい
・自信をつけたい
・冷えをどうにかしたい
・しっかり眠りたい
・疲れを取りたい
・心からの充足感がほしい
こんな風に感じている方は、ぜひ食事を整えてみませんか?

この記事へのコメント