オーディション成功の鍵は、当日よりも準備にあり!!

オーディションや面接でやってはいけないこと。

「経験のために落ちてもいいからやってみる」

こんな気持ちで行くのは絶対にやめてください。
インストラクターとして一人前になるためには「相手を想う」というスタンスが大切ですという話をずっとしてきました。
オーディションも同じです。
IMG_1168.JPG
オーディションは
・スタジオの利益
・お客様の利益

そのためにインストラクターを採用するのがオーディションです。
つまり、オーディションに臨むインストラクターは、相手を想い、どんなインストラクターが求められているかを考え、それが自分にできるということを面接内やデモンストレーションでアピールできることが必要です。


【オーディションは最初の連絡から始まっている】
初めてスタジオに連絡をするメールや電話の時からオーディションは始まっています。
接してくれたのが、オーディション担当者でなくても、その方を通して担当者に初めての時の印象は伝わっています。
丁寧で明るい対応を心がけてください。
メールも電話も短く必要最低限の言葉しか発しませんが、それだからこそ人柄が出るものです。


【履歴書の書き方】
ヨガインストラクターは学歴はほとんど重要視しません。
大切なのは履歴書を通して、人柄がわかることです。
・字の上手下手はやむを得ないことですが、丁寧に書くようにしましょう
・誤字脱字はNG
・写真は必ず規定サイズで撮り、貼っていく
・応募の動機や自己PRなどはしっかり描くこと


スタジオなどでのレッスン経験がない場合も、「友人や職場の同僚にレッスンをしていました。」など全くの初めてではなく経験があると記載をします。
経験が少ないと、自分の得意なこともわからないかもしれませんが、「こんなヨガレッスンをしてみたい」とイメージをして自己PRをします。
「なんでもできます。」というのは、間口が広いようで実は焦点が絞れていないため、採用担当者には印象に残りにくくなります。
「お客様とコミュニケーションを取りながらアットホームで安心感のあるレッスンを心がけています」
「程よい運動量で汗をかき、達成感と開放感のあるレッスンが得意です」
など自己PRできるといいですね^-^
写真はヨガインストラクターの場合スーツではちょっと固すぎますので、清潔感のあるカットソーなどで撮影したものがおすすめです。
肩部分がキャミソール型のストラップになったヨガウエアなどで撮影すると、露出が多すぎるのであまり肌が出すぎないトップスを選ぶといいでしょう。
IMG_0444.JPG


【オーディションは何を見てる?】
レッスンがスムーズにできることはできて当然ですので、何度も練習して緊張しながらもスムーズにできるようにしておいてください。
「あらかじめ○○分でこんな内容を見せてください。」とリクエストしてもらえる場合もありますが、急きょ時間の長さが変更になったり、面接だけの予定がデモンストレーションも見せてくださいと言われることもありますので、どんな状況にも対応できるよう準備をしておきましょう。

見られているのはやはり人柄です。
お客様に細やかな配慮ができているか?
楽しい雰囲気を出せるか?
お客様の心をつかむ雰囲気があるか?
元気な感じか?優しい感じか?癒し系か?など

人柄がデモンストレーションで出るためには、普段の過ごし方もとても大切になってきます。
「ヨガが好き」
「練習が楽しい」
「こんな変化があって嬉しい」
「アーサナをしていない時もヨガを感じる瞬間ってこんな感じ?」
「健康ってこうやって気づいていくんだなぁ」など日々の中でヨガを楽しみたくさんの発見をし、正しく美しい言葉を使い、規則正しく生活をしていることがにじみ出ます。

そしてデモンストレーションの練習は、人柄が出るくらいの余裕が必要ですから、それだけ練習をこなしておくことが大切です。


【経験は少なくても大丈夫】
インストラクター歴10年という人だって初めての日があったのですから、そこに劣等感を抱く必要はありません。
素晴らしい道具は、使い込んで毎日磨いてこそ価値があります。
大切にしまい込んでいたのではもったいない!
だから手に入れたインストラクタースキルという道具を使い、磨きをかけてほしいのです。

スムーズにガイドができるかどうかは、才能の問題というよりは数をこなすことでクリアできます。
人柄を磨くことも難しいことではありません。
自分自身がヨガを楽しみ、それを毎日実践してたくさんも気づきや発見をしていくことで磨かれていきます。
よく観察するというコツを毎日意識しながら過ごしていれば上手くいきます。

レッスンを受ける人も「ヨガが楽しい!」「ヨガってこんなところがすごい!」という経験をたくさんしている人から受けるレッスンは楽しくて魅力的に感じるものです。
普段からヨガをすることもオーディションの準備になっているんですね。
そう考えると、もうすでに準備はできているのでは?
あとは丁寧に履歴書を書いて、スタジオに連絡してオーディションの約束をもらうだけです!!

************************
LAXMIヨガ福岡校 2016年10月開講 受講生募集中!
http://laxmiyoga.jp/

**********************
Face bookもやってます^-^
「鶴野 飯田 まひろ」で検索してね!
https://www.facebook.com/mahiro.iida


**********************
インスタグラムもよろしくね!
「鶴野まひろ」で検索してね。
https://www.instagram.com/cheerful365face/


この記事へのコメント